kawaの日記

あとは流れでお願いします。

年末年始の行い

仲間内での忘年会はスケジュールの都合で少し早めに平塚の「串カツ田中」で行った。少し早いと言っても11月に行った会社の忘年会よりは年末感が出ていたので良しと思った。

 

久々に集まって他愛もない話をする関係だがそういう繋がりは人生に行き詰まったときの逃げ道になるのだろうと30半ばにして思った。

 

さて今回はメンバーが一人山口県に勤務することになったのでその寂しさを紛らわすために僕らは彼のことを「山口メンバー」と呼ぶことにした。

 

暮れには義理の兄貴と釣りに出かけた。朝から横浜の釣り施設に繰り出したところ、真冬でも海は釣り基地野郎どもで溢れていた。そして我々もその一員であった。

 

釣果は「サッパ」という小魚一匹。美味しい魚だが夕飯のおかずには物足りないのでリリースした。そういえば去年は釣りをあまりしなかったな。

 

晦日は親戚と麻雀。恒例行事だ。そして負けた。運は翌年に残したということにしておこう。

 

年明け。元旦。家族と近所の神社に初詣に出かけた。賽銭で70円使った。とりあえず災いが無いことを神か何かに祈った。

 

神社付近の屋台でピカピカ光る白い帽子が2000円で売っていた。「実にくだらない子供騙しだな」と思っていたところ、早速息子がその怪しげな光に惹きつけられていたので吸い込まれる前にわたあめを買って帰ることにした。

 

2日。川崎市の実家に帰省した。県内の移動だったが早々に渋滞にハマってイラッとした。普段の倍くらい時間がかかったが無事到着。

 

毎年、親が歳を重ねるのを見て自分も年をとったことに気付く。とりあえず箱根駅伝のハイライトを観ながらビールを飲んだあと近くの川原で凧あげをした。風が強かったのでよく上がった。僕がはしゃぎすぎて娘がケガをした。猛省した。

 

一泊して翌日は箱根駅伝の復路を見たりしてダラダラ過ごしてから帰った。思えばぐうたらしていただけだったが父母は孫の成長を喜んでいたようだしこれで良かったのか。嫁さんは実家で観た「アシガール」というドラマが気に入ったようだ。

 

4日、5日は続けて昼まで寝た。休み明けに社会人として復帰出来るか少し不安になったがそのとき考えればいいやと思った。2日間とりあえずやった事は昼飯の焼きそばを作った事と家にある小さな木製の台の足がかなりガタついていたのでたまたまあった金具で補強した事くらいである。

 

そして6日。朝早く起きたが二度寝して気づいたら昼。昨夜、薄力粉だけで焼いたパンは完全に失敗。とにかく美味しくない。とりあえず食べた。

 

クリーニング屋にスーツを出していたことに気付き慌てて取りに行った。出勤当日までそれを忘れていたらと思うとゾッとした。

 

自家用車の修理の予約をしていたので販売店に出かけた。息子を誘ったが断られたので一人で行った。修理後、初売りキャンペーンのくじ引きでハッピーターンとお菓子詰め合わせを貰えた。ラッキー。


f:id:kawappa:20190107012713j:image
その日はチキンカレーを作る事にしていたのでロピア(近所のスーパー)へ材料を買いに行った。帰宅。そしてカレーを作った。ヨーグルトとバターを入れると美味しい(クックパッド参照)。あと鶏肉には小麦粉をまぶしてみた。同時に味噌汁を作っていたところ、嫁さんが「カレーの日に味噌汁は要らないのでは?」と言ってきたので僕は毅然とした態度でその必要性を主張した。

 

ヨーグルトが余ったので缶詰めのミカンを入れてデザートとして冷やしておいた。それに牛乳を入れたらラッシーっぽくなるなと思ったがやらなかった。カレーは好評だった。クックパッド先生ありがとう。

 

息子が三ツ矢サイダーのペットボトルを渡してきて「水じゃないから飲んでみてよ。」と僕に言ってきた。飲んでみた。中身は水だった。振り向くと逃げ去る息子。知恵がついてきたのか?

 

明日も仕事だし今夜は早く寝ようと思う。