kawaの日記

どうにかしてボールを打ってやろうと編み出した練習法を綴ったおっさんゴルファーの日記

負傷ラウンド

5月28日伊東カントリークラブでのラウンド。

 

3日前の練習で調子に乗りすぎて打ちまくっていたらラウンド前日、右手首に痛みが生じ当日はその痛みがピークに達するというピンチに陥った。


f:id:kawappa:20220529143206j:image

 

手首を曲げると痛い、モノをまともに持てないくらい重症のようだった。

 

クラブもまともに振れない。その中でベストを尽くしてスコアをまとめるには振り方を変えるしかなく、挑戦的なラウンドとなった。

 

スイングの中で手首を曲げるヒンジという動きが痛くて出来なかったので、ウッド系は横振り、アイアンはフェースを被せて真上から振り下ろすスイングに変更した。

 

前半はかなり苦戦したが、後半は慣れた。

しかしスコアは139と散々な結果に終わった。

 

その中で前向きな要素はバンカーからの脱出は完璧だった事。ウッドのチョロが少なかった事。ショートパットがまあまあ入った事。

 

悪かったのはアプローチの場面で怖くて振れなかったこと、ウッド、アイアンとも右に出る球が多かった事。中でもショートホールの1打目は最悪だった。

 

分かった事は右手の角度は大事ということ。今回のラウンドは今後の教訓とすることにした。

 

課題は2ショット目のウッド(または5番アイアン)とアプローチの距離感。

 

次のラウンドは1ヶ月後。

ハーフスイングとショートスイングを中心に練習を行い、次はベストを更新したい。