kawaの日記

あとは流れでお願いします。

魚を突く動きでテイクバック

ゴルフのテイクバックとは文字通りクラブを後ろに持っていく動きである。

 

僕の場合、テイクバックを気にしすぎると体を回しすぎる習性があり、その結果前を向く動きが途中で止まる為、右を向いてボールを打つ事になりボールが右方向に飛ぶ。同時に体がつま先方向に突っ込んで倒れそうになるのを抑える反動で右肩を左方向にぐるりと回す動作が加わってボールには右方向に曲がる回転が更に追加される癖がある。

 

そうなるともう何が何だか分からないけどボールは必ず右に飛んで行くのである。ゴルフ用語的にいうと、右方向へのプッシュアウトとアウトサイドイン軌道によるスライスが同時に発生しているというらしい。以前書いた「アドレス」が正しく出来ていてもそのあとの動きがめちゃくちゃだとスイングが台無しになるという見本を自ら体現している訳である。

 

アドレスってゴルフ場の住所の事か?グリップは分かる - kawaの日記

 

そこで対策として、これもまたyoutubeの動画で見つけたのだが、「山本道場」というチャンネル内の「魚突きドリル」という練習法を行うと効果的であった。

 

どういうこと事言うと、テイクバックする時、前方(つま先方向)に魚がいると想像して、その魚をモリで突く動きする練習である。その時、モリ(ゴルフクラブ)は右脇に構える。

 

一見、ダサくてキモイ動きなのでゴルフとは無関係に思えるが、これをやることによってテイクバックのときに体が右へ流れるのを防ぐ事が出来る。更には自然に正しい腰の位置をキープすることが出来るのである。僕と同じような癖で悩んでいる人は「魚突きドリル」の動画を観ることをオススメしたい。それだけで気持ち良く飛ばしたい方向ににクラブを振れるようになるかもしれない。

 

後ろの事ばかり気にしていてはよくない。人間は目標に向かって前に進むことで思い描く未来へたどり着けるのだ(と思う)。たとえ失敗してもリカバリーすればいい。魚を突くイメージで。

 

という訳で、練習場で5W、5I、PWの練習をした。納得いくまで素振りをしてから5球ずつ打って帰った。仕事で疲れたせいか、小便を我慢していたせいか分からないが何となく足に力が入らずあまり良くなかった。それでも集中力が切れる8球目まではボールをしっかり飛ばすことが出来た。

 

内容的には5Wでクリーンヒットが打てたのと5Iで高い弾道を打てたのとPWで100ヤードを越えるキャリーを出せたのは収穫だったが、そのあとは体が左右に流れたのが良くなかった。9球目以降は自分とボールの距離感が分からなくなった。長さの違うクラブを交互に振ったのが原因だと思う。次の練習では落ち着いてアドレスをするのと、1球毎にに少し時間を置こうと思う。5W、7I、SWの予定。