kawaの日記

あとは流れでお願いします。

君は朝、歯を磨くときに間違えて洗顔フォームを使った事があるか?

僕は有る。あの口の中に入れた瞬間の温かさは今でも忘れない。

 

そんなことより、よくわからないけど政治と経済について気になったから書く。

 

この前の選挙には結局行けなかったのだが、身内にN国を支持する人間が多い事に驚いた。

 

僕自身は子育て世代なのでEテレ(教育テレビ)には日頃助けられている。

受信料を支払っているが、Eテレ自体を優良なコンテンツと思っているので有料である事には端的に納得している。

 

僕自身が世間知らずなのかもしれないがN国党的な思考には同意しかねる部分があるのは確かだ。しかし彼らの言い分も分からなくもない。

 

某N社の他にも我々のような庶民から搾取する様な集団は実際にいくつも存在する。

 

前にも書いたがどこかの派遣会社は寮制度を謳って労働者を月給7万円で働かせ、その恩恵は雇う側の大企業が安い労働力として享受している。自治体が意図的に最低賃金を上げたとしても法的な抜け道はいくらでも有って賃金格差の拡大は歯止めが掛かっていないように思える。実際は知らんが。

 

国やマスコミは人手不足をクローズアップしているが、その対象となる人材が「月給7万円でよく働く優秀な人」で有るのならば、探す方が難しい(と思う。)世論は牛丼の値段でA5ランクのステーキを食べたいと言っているようにしか聞こえないのだ。

 

かと言って、少ない賃金でも暮らしていけるような仕組みが有るかと言えば、どうだろうか。物価は全体的に上がっている。数年前、よっちゃんイカの当たりが廃止されたのもその一つだ。おまけに最近アメリカと中国が揉めているせいか市場は円高である。

 

さり気なく大企業はリストラやってるし、働き方改革とか言ってるけど何をどう改革するか肝心なところはモザイクがかかっているように思えるのは僕だけだろうか。

 

もう、アレかな、我々は財宝を求めて航海に出なければならない時代が近づいて来ているのかもしれない。